コンタクトフォーム

あなたは、コンタクトフォームが分かりますか?簡単に言うと、問合せフォームの事です。「だったら、問合せフォームと言えばいいのに」そう思いますよね。それは、あなたが正しい。私も思います。

 

何故、コンタクトフォームと呼ぶのか。それは、管理人と、ブログの訪問者が接触する手段だからです。では、コンタクトフォームは、重要なのか?

 

非常に重要です。ですから、私は、何よりも先にコンタクトフォームを設置すべきだと思っています。あなたには、ブログを始めたら、すぐに設置してほしい。

 

コンタクトフォームの重要性

メルマガアフィリエイトでのブログの役割は、知っていると思う。知らない人は、ダイレクトレスポンスマーケティングの記事で、説明しているので、確認して下さい。

 

あなたは、ブログで、メルマガの登録をしてもらうために、記事を書きます。記事を書くことで、ブログへの訪問者が増え、LPによって、メルマガ登録者を獲得する。この流れが一般的ですが、メルマガ登録は、訪問者にリスクをもたらします。

 

それは、メルマガの登録は、有益な情報を入手する代わりに、名前とメールアドレスを提出する必要がある。その何がリスクかと言うと、有益な情報だけならいいですが、必要と思わない情報や、迷惑な情報まで、届く可能性が出てくるからです。

 

その為、ブログ訪問者は、何でもかんでも、メルマガを登録することはありません。情報を厳選して、有益だと思うメルマガを、選んで登録する。

 

メルマガ登録をするかどうか迷った時、興味を持った記事に対しての質問や、管理人に聞いてみたいことを、問い合わせをして、その反応で決める。全ての人がそうだとは、言いませんが、私は、結構、質問に対する反応で、メルマガ登録をする事があります。

 

そう考えると、問い合わせを、どこからすればいいか分からない。と言うブログは、論外。また、メールアドレスだけを載せているブログも、気遣いが足りない。すぐに、問い合わせ出来るように、コンタクトフォームを設置しているブログの方が、問合せしやすいし、実際に、問合せすることが多いです。

 

コンタクトフォームがあると手間がかからない

コンタクトフォームがない場合、あなたは、メーラーを開くことになる。新規作成をクリックし、送信先を入力して、それから、メッセージを入力をしていく。送信先は、コピペと言う場合はいいが、迷惑メール対策で、コピペできないこともある。そんな時は、少しムッとする。と言うか、問い合わせをやめる。

 

一方、コンタクトフォームが設置してあると、自分のメールアドレスは、記憶されているので、入力の必要もなく、選択するだけ。メッセージを入力し、送信ボタンを押すだけなので、手間がかからない。また、送信先の入力ミスもないので、届いたかどうかの心配をする必要がない。

 

私の場合、コンタクトフォームをサイドバーにも設置しているので、結構問い合わせが多い。私は、サイドバーに、コンタクトフォームを設置していないブログも運営しているが、サイドバーにコンタクトフォームを設置しているブログの方が、圧倒的に問い合わせが多い。

 

ですから、ブログのデザインにもよるが、コンタクトフォームは、目につくところにあった方がいい。私が尊敬するトップアフィリエイターの方は、フッターにコンタクトフォームを設置している。これは、効果的だと思う。

コンタクトフォームを設置する

ここまでで、コンタクトフォームの重要性が分かったと思います。それでは、実際に、コンタクトフォームを設置してみましょう。

 

今回は、ワードプレスのプラグインを利用して、コンタクトフォームを設置。インストールするプラグインは、Contact Form 7です。

 

ワードプレスの管理画面から、プラグイン新規追加の順にクリック。検索窓にContact Form 7をコピペでenterキー。インストールしたら、有効化してください。

プラグイン⇒新規追加

検索

インストール

有効化

では、ここから、Contact Form 7を設定していきます。管理画面に、お問い合わせという項目が増えていると思います。お問い合わせを選択し、ショートコードをコピー。必要な箇所にはり付けて下さい。

ショートコード

下図の赤枠内のように、コンタクトフォームを設置したい場所に、ショートコードを貼り付けるだけで、簡単に、コンタクトフォームが設置できます。下図は、このブログの、コンタクトフォームの固定ページの画像です。

コンタクトフォームを設置

通常のコンタクトフォームは、特に、編集の必要がありませんが、サイドバーにコンタクトフォームを設置する場合は、少し、手を加える必要がある。まず、お問い合わせを選択。コンタクトフォーム 1を複製し、複製したコンタクトフォーム 2を編集します。

複製

コンタクトフォーム2の編集画面で、全て中身を削除し、下記ソースをコピペして保存

管理画面の外観ウィジェットを選択し、テキストウィジェットを追加タイトル:管理人に連絡(※あなたが好きなタイトルで結構です。)内容:の欄にコンタクトフォーム 2のショートコードを貼り付けて下さい。サイドバーの順番は、ドラッグアンドドロップで、入れ替えて下さい。

コンタクトフォームを設置したら

コンタクトフォームを目立つ位置に設置したら、アクセスが増えるにつれ、問い合わせがある筈。その場合、誠意を持った対応をしてください。

 

コンタクトフォームを設置することが、重要なのは、間違いありません。それは、ブログ訪問者への気遣いであり、メルマガに登録してもらうために、あなたと、ブログ訪問者の距離を縮めることが出来るからです。

 

しかし、問い合わせをもらっても、対応が雑であれば、全く意味がありません。コンタクトフォームを設置した以上、あなたには、丁寧に対応する責任があります。

 

あなたが、問い合わせをしたとき、丁寧に対応してくれた、アフィリエイターのことを思い出して下さい。あなたは、問い合わせした時、少なからず不安があったはず。返信が届き、内容が丁寧だったとき、ホッとしませんでしたか。その時の気持ちを忘れないでほしい。

 

逆もそうです。素っ気ない返事や、横柄な返事で気分を害したことは、無かったですか。絶対に、あなたのブログ訪問者には、不快な思いをさせないでください。

 

あなたが、コンタクトフォームを設置したのは、ブログ訪問者に、より良い情報を提供するためです。それを忘れず、いつも感謝の気持ちを持って、ベストな対応が出来るよう心がけて下さい。

 

あなたには出来る。私は、そう信じています。