お薦めのプラグイン

ワードプレスでブログを作り、これからアフィリエイトで稼ごうと考えているあなたに、ワードプレスを使う上で最低限必要なプラグインを紹介します。

 

プラグインは、何でも入れればいいというものではありません。無駄が多くなると、動きも遅くなりますし、サイトの表示速度も遅くなる。

 

プラグイン一覧

まず、インストール方法を簡単に説明します。

 

ワードプレスの管理画面から、プラグイン新規追加で検索窓に、インストールするプラグイン名をコピペしてenterキー。

 

今すぐインストールをクリックし、インストールが終了しましたら、有効化します。

WP Multibyte Patch

WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

既にインストールされていますので、有効化だけを忘れずにお願いします。

 

Akismet

アクセスが増えてくると、スパムコメントも増えてきます。Akismetを導入すると、スパムコメントを識別し、スパムコメントを捕獲・隔離する。

 

便利なプラグインですが、時々、スパムコメントの確認が必要。なぜかというと、スパムでないコメントまで隔離していることがあるからです。

 

TinyMCE Advanced

記事投稿画面のツールバーに、文字装飾のためのボタンが追加できます。例えば、アンダーラインや、文字の背景色、フォントサイズの変更等が、簡単に行えるボタンの追加が可能。

 

Contact Form7

コンタクトフォームの設置が簡単に出来ます。コンタクトフォームとは、問い合わせフォームのこと。設置方法は、下記の記事を参考にしてください。

コンタクトフォームの重要性とコンタクトフォームの作成方法

 

No Self Pings

私は、このプラグインを知るまで、本当にイライラしていました。理由は、上記のように、内部リンクを貼ると、記事へのコメント扱いされ、コメントの承認を求められていたからです。

 

私の説明で、何を言っているか分からない人は、最初はインストールせずに、煩わしさを感じたときに、「そういえば・・・」と思いだして下さい。

 

WP External Link

これから、記事中で外部リンクを貼るケースが増えると思います。その際、何も設定しないと、SEO対策上よくない。理由は、外部リンクは、サイトにためた水が外に流れでる穴のようなもの。WP External Linkは、それを防ぐためのプラグインです。具体的には、外部リンクにnofollowタグを付けてくれます。

 

Wp-Insert

広告を好きな場所に挿入してくれるプラグインです。あなたが始めるアフィリエイトは、メルマガアフィリエイトになりますので、メルマガ登録フォームを記事下に挿入する必要がある。

 

このプラグインを使うと、一度設定すれば、後は、記事を書くたびに、勝手に記事下にメルマガ登録フォームを挿入してくれます。

 

WP Category Tag Cloud

タグは、SEO対策上非常に重要になってきます。その為、ブログには、タグを表示させた方がいいのですが、標準のタグクラウドですと、見栄えが良くありません。

 

しかも、縦長になっていき、デザイン的にもイマイチです。そこで、WP Category Tag Cloudを使って、3Dのタグクラウドを表示させます。

 

おすすめプラグインのまとめ

以上が、私がインストールしているプラグインになります。これは、テンプレートの賢威を使用している場合で、他のテンプレートを使用する場合は、また、追加が必要。

 

また、他にも、色々なプラグインがあり、沢山インストールしたくなるかもしれません。その際、注意が必要なのは、プラグインによっては、相性が悪いものが存在し、ブログが表示されなくなることもあります。

 

その為、プラグインは最低限インストールしたら、後は、よほどのことがない限り、触らないようにしてください。もし、どうしても必要なプラグインが出てきた場合、私があなたに報告します。