人間なんて現金なもの

私が以前、アフィリエイトで稼ぐ方法を教えた仲間の話ですが、面白いと感じたので、紹介したいと思います。

 

数日前、連絡があり、このブログのアフィリエイトでブログの記事の書き方が分からないの記事をPDFにまとめていいかと言う。

 

PDFにまとめ、無料レポートとして、特典にしていいかということです。ネット上に公開すれば、重複コンテンツとして、問題になりますが、PDFにまとめて、無料レポートにする分には問題がない。

 

別に、私にとって、マイナスになる訳でもないし、人の役に立つのなら嬉しいことです。「構わないよ」と返事をしました。

 

多分、その翌日の事だったと思います。「しかし、人間なんて現金なものですね」と、ため息をついている。

 

人の不幸は蜜の味と言うが、なんとなく面白そうだったので、話を聞いてみることに。あなたは、「ノンって、性格悪いんじゃない?」と思ったかもしれませんが、そんなことないですからね。

 

人間なんて現金なもの

話を進めますが、私の仲間を仮に、トオルさんと呼びます。トオルさんが言うには、独自企画の参加者に、「PDFにする前の、ワードの原稿を校閲してもらえませんか?お礼に、原稿はプレゼントしますので、独自特典としてお使いください。」と希望者を募集したそうです。

 

これまで、企画参加者の大半が、アンケートのお願いや、記事を書いたほうがいいとアドバイスすると、忙しいと言っていたらしい。そのため、トオルさんは、今回も、あまり期待していなかった。

 

ところが、今まで、ほとんど反応しなかった多くの企画参加者が、校閲の協力を申し出てくれたとのこと。いい話ですよね。私もそう思いました。

 

しかし、その後、連絡があったのが、わずか数名。誤字脱字を指摘してくれたのが、数名だというのです。

 

後の100名近い人達は、ただ、プレゼントが欲しかっただけ。私は、この話を聞いて、気の毒になりました。メルマガ読者の話ではないですよ。トオルさんが親身になって、アフィリエイトの稼ぎ方を教えている人達。

 

見返りを求めると凹む

トオルさんに話を聞いたとき、私は、あえて何も言いませんでした。トオルさんは、好意でやったことでしょうが、見返りを求めていたのだと思います。

 

何かを買ってもらうとか、そういうのではなく、感謝されたかった。本当のところは、分かりませんよ。でも、見返りを求めるから凹む。

 

トオルさんは、私のこの記事を読んだら、また凹むだろうな。まあ、それも勉強です。誰でも、自分が一番カワイイ。自分さえ良ければ、それでいいのが当たり前。

 

トオルさんは、それを理解しないといけない。私は、何度も言ったつもりでしたし、理解していると思っていました。

 

私も、アフィリエイトで稼げるように、多くの人をコンサルしましたが、連絡をよこすのは、自分が困ったときだけ。アフィリエイトで稼げるようになってからも、連絡をくれるのは、トオルさんのような一部の人だけです。

 

コンサルの場合、お金をもらって、アフィリエイトで稼ぐ方法を教える。別に、アフィリエイトで稼げるようになったら、それで終わりでいいのですが、その割切が難しい。

 

人は、やってあげたことは、ほぼ100%憶えています。逆に、やってもらった方は、どうか。やってあげた人が考える、1割もやってもらったと思っていません。このギャップが問題になるのです。

 

人は、自分に利益がないと動かない。

結局、人は、自分に得があることでないと動きません。「人間なんて現金なもの」これは、当たり前の事なのです。

 

ただ、情報商材アフィリエイトは、人脈が非常に重要。なぜか?情報が命だからです。時代の移り変わりを無視しては、稼げません。

 

本質的な部分は、変わらないとしても、より効率的に稼ぐには、時代に合った稼ぎ方を、実践する必要があります。

 

例えば、スマホユーザー対策や、SNSの活用法など、これらを全く無視してアフィリエイトで稼ぐなど、今の時代では、無謀です。

 

時代に合った稼ぎ方を実践するには、より多くのアンテナを張り巡らせ、情報を収集する必要がある。そのアンテナの役目を果たすのが、人です。有益な情報は、人が運んでくる。

 

あなたが、もし、自分の事しか考えていなければ、あなたのもとには、情報は集まらない。人が集まらないところには、情報も集まらないのは、当然。

 

これからあなたが、アフィリエイトで稼いで生活したいと思ったら、現金な人間では、すぐに壁に突き当たります。

 

アフィリエイトで長く稼いで行きたいなら、人のためになることを進んでやるべきです。しかも、見返りを求めずに。

 

これは、本当に難しい事。ビジネスと言うより、人間磨きと言った方がいい。ある意味、精神修行のようです。

 

アフィリエイトの世界

アフィリエイトの業界は、ビジネスの中では、一種独特なところがあります。多くの人が、メンターと言う言葉を使う。また、同じように、WIN-WINの関係を強調する人が多い。

 

これを、受け売りで使う人は、人間本来の現金な人で終るでしょう。逆に、メンターから、その真意を教えてもらえた人間は、アフィリエイターとしても、人間としても一流になるのだと思います。

 

その証拠が、他の業界と比較したら、とび抜けている収入です。アフィリエイターの月収で100万円は、それほど珍しくありません。年齢も全く関係なく稼いでいます。

 

一部だと言われれば、そうかもしれませんが、ある調査では、アフィリエイター10人に1人の収入が、月に100万円に届くとのこと。

アフィリエイトマーケティング協会

 

あなたも、アフィリエイトで稼ぐ気があるのなら、「人間なんて現金なもの」と言われないアフィリエイターになって欲しい。